消費者金融

○○で子ども

キャッシングで損をしないためには最低限の金融知識が必要です。

金融会社でお金を借りれば必ず元金とともに金利を支払う義務が発生します。一部では一定期間金利のかからない無利息ローンなどもありますが、基本的には金利を支払うことになります。同じキャッシングをするなら、少しでも金利の低い消費者金融で借りたいものですが、貸す側にすれば誰でもお金を貸すわけにはいきません。

毎月きちんと収入のあるサラリーマンでなければ信用力がないのです。したがって無職や専業主婦といった部類の人はあきらめる他はないでしょう。どんなに審査基準の甘いキャッシング会社であっても、そのような無収入の人は審査に通ることはありません。

自分の状況(収入、現在の借金総額、過去の借金履歴)などを勘案して、借入先を選びましょう。一番お薦めのサラ金業者は大手銀行系です。